広島風お好み焼き
たっぷりキャベツを使った本格お好み焼き!
広島風お好み焼き
カロリー:(1人あたり)900kcal
 (仕上げのソースは除く)
塩分量:(1人あたり)2.0g
 (仕上げのソースは除く)
調理時間:約60分
作り方
(1)お好み焼きの生地を作る。Aをボウルに合わせ、泡立て器でよく混ぜ合わせる。
(2)キャベツは1〜2cm幅の細切りにし、小ねぎは小口切り、もやしは根を取っておく。
(3)いかフライは手で細かく砕いておく。
(4)ホットプレートを中温〜高温に熱し、お玉一杯分の1の生地を流し入れ、生地の中心からお玉の底をくるくるとまわし広げる(直径約20cm位)。塩、こしょう、かつお削り節、小ねぎ、いかフライを1/4量ずつのせ、その上にキャベツ、もやしの1/4量を山盛りにのせる。
(5)4に豚肉の1/4量を手で広げながらのせる。下に敷いた生地がこんがりとキツネ色になったら、1の生地をお玉1/2量くらいとり、豚肉の上から全体にまわしかけ、ヘラでひっくり返す。上からヘラで押さえつけ、野菜を蒸し焼きにする。
(6)お好み焼きを端によせ、中華麺をホットプレートにのせる。水少々(分量外)を加えてほぐし、お好み焼きソースを全体に絡める。焼けたら皿にとっておく。
(7)ホットプレートに卵1個を割り入れ、ヘラで黄身をつぶし、4で焼いた生地と同じくらいの大きさに広げる。
(8)7の卵の上に、6の中華麺を等分にのせ、その上に5をのせてヘラで押さえつける。
(9)8をひっくり返し、お好み焼きソースをかける。お好みで青のりを散らす。
ワンポイントアドバイス
※広島風お好み焼きは、野菜がたっぷりのった生地をひっくり返すところが最大のポイントです。大きめのヘラを2本使い、焦らずにゆっくりと返しましょう。具材がバラバラに散っても、生地の下に入れ込んでしまえば大丈夫です。

材料

4人分

A
 小麦粉
1・1/2カップ
 水
1カップ
 卵
1個
 かつおだし(粉末)
小さじ1
 塩
小さじ1/2
 こしょう
少々
キャベツ
中1個
小ねぎ
1/2把
もやし
2袋
いかフライ
2枚
塩、こしょう
各適量
かつお削り節(小パック)
2袋
豚バラ肉
200g
中華麺
4玉
4個
お好み焼きソース
適量
青のり(お好みで)
適量